MENU

    【タイミング重要】米国債を買ってはいけない?メリットや注意点おすすめの買い方も紹介

    「米国債で安定した運用をしたい」
    「米国債を買ってはいけないといわれる理由は?」
    「米国債を買っていいタイミングは?」

    投資をしている方の中には、米国債への投資が気になっている方もいるでしょう。

    国債は世界中の投資家から「安全な資産」とされていますが、実際のところ、投資初心者には適しているのでしょうか?

    特に米国債の利回りが高くなっていることから投資を検討している方も多くいる方しれませんね!

    この記事では、以下の内容について詳しく解説します。

    • 米国債の概要
    • 米国債を買ってはいけないと言われる理由
    • 米国債を買うメリット
    • 米国債への投資方法

    米国債への投資方法について悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください!

    なお、資産運用に興味のある方は、私鬼塚のLINEに登録をしていただくと、初心者が買うべき投資信託4選など7つの特典を無料で受け取るれるので興味のある方はぜひ登録してみてください!

    無料特典はコチラ!
    目次

    【買ってはいけないか検討する前に】米国債の概要を解説

    まずは米国債の概要を紹介します。

    1. そもそも米国債とは
    2. 米国債の種類
    3. 米国債の利回りの推移

    以下で詳しく解説します。

    1.そもそも米国債とは

    米国債とは、アメリカ合衆国政府が発行する債券のことを指します。

    債券とは

    国や地方公共団体、企業などが、資金を調達するために発行する有価証券の一種です。

    投資家は債券を購入すると、一定期間後の満期日に元本と利息を受け取れます。

    米国債は世界最大の経済大国であるアメリカが発行するため、信用リスクが非常に低いとされ安全性の高い金融商品と見なされています。

    米国がつぶれるなら他国も…って考える人も多そうね!

    債券は株や投資信託と比べて価格の変動が比較的小さいため、安定した運用が期待できるでしょう。

    2.米国債の種類

    米国債には主に、利付債とゼロクーポン債の二つの種類が存在します。

    利付債は、定期的に(通常は年に2回)利息が支払われる債券です。投資家は、利払い日に利子を受け取り、満期日には元本が返還されます。

    投資家は定期的なキャッシュフローを得られるね!

    一方でゼロクーポン債は、利息の支払いが一切ない債券です。代わりに投資家は債券を額面価格よりも低い価格で購入し、満期日に額面価格で償還されます。

    利付債は定期的な収入が得られ、ゼロクーポン債は利益を一度に得られるんだね!

    3.米国債の利回りの推移

    米国債の利回りは、経済状況や金融政策などに影響されて変動します。新型コロナウイルスが発生した際、世界的な経済の不確実性が高まり、安全資産とされる米国債への需要が膨らみました。

    また、アメリカでは経済を支援するために大規模な金融緩和策を実施し、政策金利を引き下げたことで債券価格は下落しました。

    金利を引き下げると債券価格は上昇するんだよね!

    2022年に入り、米国では経済の回復とインフレ圧力の上昇を受けて、利上げを開始します。その結果、米国債の利回りは上昇しました。

    出典:OANDA証券

    過去10年単位で見ても債券価格は低い状況であり、投資を検討する方もいるでしょう。

    米国債を買ってはいけないと言われる理由

    ここからは米国債を買ってはいけないと言われる理由を紹介します。

    1. 株式よりも利回りが低いから
    2. 考慮すべきリスクが多いから

    以下で詳しく解説します。

    1.株式よりも利回りが低いから

    米国債の10年利回りは、2023年9月現在で4.5%程度です。

    引用:SBI証券

    年利回りで4.5%もあるんだね!

    ここ数年で見るとかなり高い年利を得られますが、過去の統計上、分散投資をしたほうがより高いリターンを期待できます。

    仮に投資信託で4資産分散投資(国内株式、国内債券、海外株式、海外債券)で長期運用すると、年平均6%のリターンが期待できるデータがあります。

    くわしく知りたい方は一度シミュレーションツールで試算してみると良いでしょう。

    これなら6%の方がいいですね!

    2.考慮すべきリスクが多いから

    米国債の投資をする際は、さまざまなリスクがあります。

    例えば、為替リスク。

    米国債の取引はドル建てで行われるため、円高が進むと円換算での価値が減少し、元本割れする可能性があります

    また、政治的リスクもあります。

    米国が政治的な危機や経済的な困難に見舞われ、デフォルト(債務不履行)する可能性も考慮すべきでしょう。

    デフォルトが発生すると、投資家は元本を回収できなくなる可能性があります…。

    なお私鬼塚の公式LINEに登録すれば、初心者が買うべき投資信託や投資の基礎知識をマスターできるなど7つの特典を受け取れます。

    もちろん無料で受け取れるので、資産運用を始める際に疑問点をなくしておきたい方はぜひ登録してください!

    無料特典はコチラ!

    米国債を買う4つのメリット

    ここからは米国債を買うメリットを4つ紹介します。

    1. 金利が高い状況にある
    2. 購入したタイミングで満期までの利回りを固定できる
    3. 分散投資になる
    4. 米国ならではの安心感もある

    以下で詳しく解説します。

    1.金利が高い状況にある

    米国の金利は、過去20年を振り返ると高い水準にあることが確認できます。金利の動きは、債券投資の収益性や価格変動の要因として非常に重要です。

    金利と債券価格は一般的にシーソーのような関係にあり、金利が高くなると債券価格は下落します

    現在の状況を鑑みると、米国の金利は高い水準にあるため、それに伴い債券価格は下落しています。しかし、投資の観点からは、これが購入のチャンスとも言えるでしょう。

    安いときに買うのが投資の前提だもんね!

    もし、今後利下げが実行され金利が下落する動きとなれば、債券価格は上昇の方向に動くことが期待されます。

    2.購入したタイミングで満期までの利回りを固定できる

    米国債を購入すると、購入した時点での利回りが固定され、満期までの受け取れる金額がドルベースで確定します。

    投資家は将来どれくらいの金額が必要か計算し、利回りが決まっている債券への投資で必要な金額を確実に貯められるのです。

    たとえば、5%のクーポンレートで10年間の債券を購入した場合、その10年間で年5%の利息が保証されます。

    これは、将来の資金計画を立てるうえでありがたいね!

    米国債であるため、その収益や価格はあくまでドルベースであるという点を忘れてはなりません。

    購入価格より円安に進んでいればその分だけリターンは良くなり、反対に円高に振れていればリターンは悪くなります。

    3.分散投資になる

    投資の基本的な戦略の一つとして、分散投資をしてリスクを軽減することが挙げられます。

    分散投資とは、値動きの異なる複数の資産に投資し、リスクを分散しながら、安定的な収益を期待できる方法のことです。

    分散投資は以下の画像のように、「国内・外国株式」と「国内・外国債券」の4つに投資先を分ける手法があります。

    もし1つの投資先に全財産を預けてしまうと、万が一その投資先が値下がりしたときに大きな損を出してしまう可能性があります。

    現在、投資している方の中には、米国や日本の株式のみに投資して債券へ投資できていない方も少なくないはず。

    仮に株式市場全体が暴落したときに資産が大きく目減りしてしまいます。

    コロナショックの時は数週間で数十%もげらくしていたよね…

    株式と債券は逆の値動きをする傾向があるので、分散して保有するとリスクを抑えた投資ができるでしょう。

    また、米国以外の国々の債券にも投資することで、更なるリスク分散が期待できます。

    4.米国ならではの安心感もある

    米国債は、世界最大の経済国であるアメリカ合衆国が発行するため、信用度が非常に高く、デフォルトのリスクが非常に低いとされています。

    S&Pによる格付けでもAA+と、非常に高い評価です。

    AA+という評価は非常に高い信用度を持つことを示すものであり、デフォルト、つまり債務不履行のリスクが非常に低いと評価されていることを意味します。

    この高い信用度により、投資家は安心して資産を保有できるでしょう。

    特に不安定な経済環境や市場の変動が激しい時期において、安定した資産の保有が求められる際、米国債は安心感をもって資産を保有できる投資先の一つだと考えられます。

    デフォルトするとお金が返ってこないから、信用度はとても重要だよ!

    投資初心者は米国債を買うべき?

    投資初心者であろうと上級者であろうと、何に投資すべきかは、個々の投資目的やリスク許容度、資産の大きさによって変わります。

    例えば、すでにある程度の資産があり、それを安全に運用して債券並みの利息が得られれば十分と考える方にとっては、米国債は適切な選択肢となるでしょう。

    米国債は信用リスクが低く、安定した利回りが期待できるため、リスクを抑えつつ資産を増やしやすいです。

    格付けも高いし、比較的安心できそうだよね!

    また、リスクを抑えた着実な資産形成を目指す投資家は、株式だけでなく、債券にも投資することで、ポートフォリオのリスクバランスを整えられます。

    特に、株式市場が不安定な時期には、債券は価格の安定性からポートフォリオの安定要素となり得るでしょう。

    米国債への投資方法

    ここからは米国債への投資方法を2つ紹介します。

    1. 個別債券
    2. 投資信託

    以下で詳しく解説します。

    1.個別債券

    米国債への投資方法の一つとして、個別の債券を直接購入する方法があります。

    個別債券の場合、償還日や利息(クーポン)が決まっているため、米国がデフォルトしない限り、将来受け取る金額がドルベースで確定します。

    これにより、ライフイベントや投資方針に合わせて、具体的な投資計画を立てられますね!

    また個別債券を保有することで満期まで保有すれば元本が確実に返還されるため、投資の安定性が期待できます。

    ただし、個別債券の購入には、一定額以上の資金が必要となることが一般的です。

    2.投資信託

    もう一つの投資方法として、米国債を含む投資信託の購入があります。

    投資信託は、複数の投資家からの資金をプールし、プロのファンドマネージャーがさまざまな資産に投資します。

    少しわかりにくいので、以下の図を使って説明していきます。

    投資信託は以下の4つのサイクルで運用していきます。

    1. 投資家が投資信託に資金を預ける
    2. 投資のプロが株や債券に投資
    3. 運用成果に応じて収益が発生する
    4. お金が増えれば再投資できる

    投資信託を利用すると小額から投資を始めることができ、100円から購入可能なものもあります。

    これにより、資産の分散が容易になり、リスクの分散も期待できます。また、投資信託は売買が気軽にできるため、ポートフォリオのリバランスも行いやすいです。

    ただし、運用会社によっては、管理費用がかかることがありますので、購入前にはコストを把握しておきましょう。

    どの銘柄に投資したらいいのかわからない方は、私鬼塚の公式LINEに登録すれば、初心者が買うべき投資信託や知識のない28名の運用実績など7つの特典を受け取れます。

    もちろん無料で受け取れるので、資産運用を始める際に有望な投資先を知りたい方はぜひ登録してください!

    無料特典はコチラ!
    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次